求められる英会話力

どんな職種でも求められる英会話の力とは

英会話に目覚めたきっかけ

最近、英会話に目覚めた

私は、都内の小さな会社のOL。

最近英会話にはまりだしています。

会社は普通の中小企業なので、仕事で英語は使いません。

今まで特に英語が必要な環境にいたこともないし、多くの日本人同様、受験の時に一生懸命イディオムを暗記したくらいであとはきれいさっぱりです。

「では、何で英会話に急にハマり出したの?」と疑問の声もあることでしょう。

実は、最近私の妹に彼氏がいることが判明、なんとそのお相手がアメリカ人なのです。

妹は貿易商社で事務をやってるんですけど、彼は、毎月日本に来る取引先の方らしいんです。

まだ写真で見ただけですが、トムクルーズをお笑い芸人風にした感じとでもいいましょうか(WHAT?)。

ひょっとすると将来、妹の旦那様になるかもしれず(気が早い!)、そうなると私は「義理の姉」ってことに・・・妹もそんな英語できないはずだから、彼が日本語上手なのかもしれないけど、いつか家族紹介の時に多少は話せたら・・・というのが理由です。

英会話を始めるキッカケ、僕の場合

僕は、今年から晴れて社会人になったピカピカの一年生ビジネスマンです。

まだ仕事を覚えるのに必死ですが、この間先輩が電話で「***Thanks,Bye~」(***の所はわからない)と話しているのをたまたま聞いて、軽い驚きを感じました。

うちの会社は少しですが海外からも引き合いがあるので、そのお客さんからのようです。

その先輩は、どちらかといったら飲み会などで力を発揮するいわゆる「宴会部長」で、私は心中ひそかに「悪いけど、この人には勝ったな」と思っていたのです。

ちょっと焦りを感じました。

「英会話を始める」などとは気恥ずかしくて周りに言えないのですが、ひそかにリサーチを始めました。

英会話学校は色々あるし、不安もありますが、「思い立ったが吉日」という言葉もあります。

英会話スクールに通うきっかけ

今度海外からの電話が会社にかかってきた時に、先輩みたいにさらっと対応できたらかっこいいですしね。

それに同期のM子の、僕を見る目も変わるかも・・・まあ始める理由なんてこの程度でも構わないと思いますけどね(笑)。

Comments are closed.